食べて応援!その2・・自粛が終わったら浅草で絶対に行きたいおすすめのグルメスポット5選!

5 min 305 views

緊急事態宣言、ステイホームが叫ばえる中で厳しい経営が続く小規模事業者。とくに飲食店などはその影響を強く受けています。

そこで、今回は私の大好きな街「浅草」にスポットを絞って「自粛が終わったらすぐに行きたいおすすめのグルメスポット」をまとめてみました。

浅草は、東京の下町として有名日本人だけでなく海外からの観光客も多く賑わう街。外国人観光客から若者もお年寄りも楽しめる日本の下町情緒あふれる粋なお店が沢山あります。

そんな浅草で様々な年代の方にも足を運んでもらえるグルメがたくさんあります。

○横浜くりこ庵 浅草新仲見世通り店

View this post on Instagram

コイキング焼🐟

A post shared by Akari Nakamura (@a_san_0913) on

私が、まずご紹介したいお店は「たい焼き」のお店。
たい焼きファンにはおなじみの「横浜くりこ庵 浅草新仲見世通り店」!

横浜くりこ庵 浅草新仲見世通り店は、“新仲見世”の方にあり屋根のある商店街で雨の日には雨宿りにも最適です。

期間限定コラボは要チェック


浅草なのに「横浜くりこ庵」をいきなり紹介するのには訳があるのです!

私がおすすめなのは、「横浜くりこ庵 浅草新仲見世通り店」の店舗限定のたい焼きです。

期間限定のコラボたい焼きは、店舗によって違い、その分コラボたい焼きの種類が豊富なのも嬉しいところです。

私が行った時は、ポケモンとのコラボでコイキングたい焼きでした。

今は、ハローキティですが店舗限定商品は最短10日で入れ替わってしまうので最新情報はお店のホームページを御覧ください。

ホームページURL:https://www.kuriko-an.com/kurikoan/shohin.htm

勿論、コラボたい焼きの他にも通常のたい焼きもあり食べると中身が零れ落ちるくらい、あんがぎっしりと詰まっています。

横浜くりこ庵のこだわり

横浜くりこ庵は、特にこだわっているのが生地と小豆です。

生地は、厳選した小麦粉と卵を通常の二倍の量を使用しているので「外はサクッとしていて中はふわっ」としているのが特徴です。

小豆は、あんこ職人と呼ばれる方々が一窯一窯丁寧に手作業で行っています。

また、選りすぐりの北海道産の小豆と那須の厳選を使っていて赤みが強く甘さ控えめで素材自体を生かしています。
参考:https://www.kuriko-an.com/kurikoan/oishisa.htm

店舗情報

店名:横浜くりこ庵 浅草新仲見世通り店
住所:東京都台東区浅草1-32-2 新仲見世通り
電話番号:03-3841-9924
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休

浅草コロッケくろげ 浅草雷門店

https://www.instagram.com/p/BgSTde7n2wX/

雷門から近く、白い提灯が目印の「浅草コロッケくろげ 浅草雷門店」!

浅草コロッケくろげ 浅草雷門店は、友人におすすめされて行ったのが始まりで浅草に行く際は、必ず行っています。

なんといっても食べてもらいたいのは、チーズメンチです!

チーズメンチは、友人からも絶対食べて!と言われた逸品で・・

実際に頼んでみると、コロンとした見た目でチーズがよく伸びるので、一時期流行ったチーズハットグかと思うほどたくさんのチーズが使われています。

これほど伸びるとは驚きで、チーズ好きにはイチオシとSNSでも絶賛するユーザーの声がたくさんあります。

浅草コロッケくろげ 浅草雷門店は、テイクアウト専門店のため食べ歩きなら良いのですが、ゆっくり座って食べたい方には向きません。

店頭には、コロッケもあって浅草コロッケは、黒毛和牛を使用、黒毛和牛は安くてもロース 100グラムで1500円はします。

そんな黒毛和牛100%で、通常のお肉の3倍の量を使っているため、つなぎが少ないのが特徴でお肉の旨味が凝縮しています。

そのため、浅草コロッケは、ソースをつけなくても味がしっかりしています。

店舗情報

店名:浅草コロッケくろげ 浅草雷門店
住所:東京都台東区浅草1丁目20−2
電話番号:090-4884-2789
営業時間:10:00〜18:30
定休日:無休

濃厚鶏麺 ゆきかげ 浅草本店

こちらも雷門近くの路地裏を入り、モノトーンが基調の「濃厚鶏麺 ゆきかげ 」。

濃厚鶏麺 ゆきかげ は、白や木材をふんだんに使っているので清潔感があり女性でも入りやすいです。

私のイチオシは、「濃厚鶏白湯そば 醤油」。

濃厚鶏白湯そば 醤油は、麺が細くスープに良く絡み、そのスープが濃厚で鶏の臭みもなく絶品です!

濃厚鶏麺 ゆきかげ は、鶏を使ったスープがこだわり!

鶏と野菜をじっくり時間をかけて丁寧に煮込むことで味わい深く、女性に嬉しいコラーゲンもたくさん凝縮された濃厚なスープです。

トッピングの海苔にもこだわりが・・

海苔には、浅草に昔からある老舗の「いせ勘」!

いせ勘の海苔は、厳選したものを使用しているので香りが高く、その海苔を贅沢にも一枚ラーメンにトッピングしています。

濃厚鶏麺 ゆきかげの餃子は、にんにくを入れていないので口臭を気にする必要がありません。

私も今度行く時に頼んでみます。

店舗情報

店名:濃厚鶏麺 ゆきかげ
住所:東京都台東区浅草1-2-12
電話番号:050-5593-1066
営業時間:11:00~23:00 L.O/23:30
定休日:不定休

パンの田島 浅草ROX店

コッペパン好きには是非とも立ち寄ってもらいたいのが「パンの田島 浅草ROX店」。

浅草ROX店とありますが、大きい店舗のROXではなく道を挟んだ向かい側に小ぢんまりとあります。

パンの田島 浅草ROX店の中は、数名が座ることのできるカウンターと外にはテラス席があり、お昼の時間は混み合います。

私が訪れた時は、お昼の時間をすぎていて、持ち帰る方が多く、静かに食べることができゆったり過ごせました。

おすすめは「コッペメロンパン」!

浅草だとメロンパンが有名で、それをコッペパンにしたのは斬新な発想で面白いですね。

コッペメロンパンは、お店に焼き上がり時間の看板もあり出来たてを食べることができます。

パンの田島は、ふわふわとしたコッペパンでそれにバターを練り込んでおりその上にメロンパンのクッキー生地を上に包んで焼き上げています。

なので「外側がサクッと中がフワッと」した食感で、クッキー生地の甘さと風味が良いです。

他にも、季節限定の商品があるので、四季によって違ったコッペパンを楽しめます。

季節限定が気になる方は、パンの田島 浅草ROX店のインスタのURLから御覧ください。

URL:https://www.instagram.com/explore/locations/1925722587737198/rox2g/?hl=ja

店舗情報

店名:パンの田島 浅草ROX店
住所:東京都台東区浅草1-24-1 ROX2G 1F
電話番号:03-3842-9233
営業時間:9:00~21:00
定休日:不定休

モンブラン 浅草店

https://www.instagram.com/p/B1ipW39hb69/

モンブラン 浅草店は、地下鉄浅草駅から近く、レンガが目につくお店です。

こちらは、取材されることもある人気店で混むこともありますが、並んででも食べる価値ありです!

なぜかと言うと、席に案内されオーダーしてからの提供が意外と早く、並んだことが気にならなかったからです。

モンブラン 浅草店で私が、食べてもらいたいのは「鉄板焼ハンバーグ」。

鉄板焼ハンバーグは、国産牛肩ロースを使った手ごねハンバーグで、空気をよく抜いて丁寧に作っているため中がジューシーです。

モンブランの鉄板焼ハンバーグは、熱々の鉄板で提供されるので火傷注意です!

ナイフでハンバーグを切ると肉汁が溢れ、一口食べるとお肉の旨味が口の中いっぱいに広がります。

ハンバーグのソースの種類も豊富で6種類から選ぶことがます。

6種類あると迷ってしまいますが、私はフランス風ソースの鉄板焼ハンバーグにしました。

フランス風ソースは、マッシュルームが入っていてワインのコクが広がるデミグラスソースです。

デートや友人と行って、シェアし合うのもあり!その分、食べ比べができます。

店舗情報

店名:モンブラン 浅草店
住所:東京都台東区浅草1-8-6 ファミール浅草ビル 1F
電話番号:050-5869-7202
営業時間:ランチ 11:00~14:30 ディナー 17:00~21:30
定休日:水曜日 水曜日が祝日の時は木曜日が定休日

まとめ


緊急事態宣言で外出を控えている今、経営が厳しい飲食店も多く打撃をうけています。

ステイホームが終わったら、飲食店の少しでも力になれればと今回は「浅草でおすすめのグルメスポット」を紹介してきました。

下町の古い町並みには風情があって、どのお店も強いこだわりを感じます。

浅草というと、食べ歩きを楽しみで訪れる方も多く、そういった方にも充分満足していただけます。

1人でもふらっと行きやすく、友人と行っても楽しめるのでイチオシです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です